下半身を脱毛でキレイにしよう!

001
私が画期的だと思った脱毛コースと言えば、VIO脱毛です。VIO脱毛とは、ビキニラインのV、オマタの縦のラインのI、それに肛門まわりのむだ毛のOラインをあわせてVIO脱毛というのです。

私のなかでは、とくにOライン脱毛は熱かったですね。前々から肛門まわりのむだ毛は本当に邪魔だと思っていましたので。それに実は、中学生の頃からずっとお風呂場で抜き続けていたのですよね。ですから大学時代にOライン脱毛の存在を知って以来、Oライン脱毛にはものすごく興味津々でした。

けれども恥ずかしさもあって、なかなか挑戦しないままだったのですが、20代になってからはある程度貯金もできて、念願のOライン脱毛をおこないました。私の場合は、器械の照射による脱毛でした。

痛かったかと言われれば、そこそこの刺激はあったのですが、けれども痛みを和らげるクリームも塗りましたし、痛いというよりは熱いといった刺激でした。そしてベッドに横になった姿勢でおこなってもらえましたので、スタッフさんとは目も合いませんので、それほど恥ずかしさはなかったですね。
そして感想としては快適です。見た目もそうですが、日常生活においてなによりの快適さを感じています。

病院と連携した脱毛

病院で受けられる脱毛として注目を浴び続けている脱毛方法と言えば、医療用の脱毛マシンで施術が行なわれる医療脱毛です。

病院で受けられるというだけで相当な安心感がありますし、病院だからこそもしもの時に素早く対応してもらえるというメリットが人気でサロン脱毛ではなく設備が整った病院での脱毛を受ける事に決める方ばかりです。

病院には、エステティシャンは在籍していません。

国家資格を持ったスタッフが脱毛施術を行なってくれるので、安全性においては抜群に高いと言えますがどんなに腕の良いスタッフが施術を行なっても、お肌に不調が出てしまう事もあります。

病院で行われている脱毛ですから安心である事はたしかですが、脱毛を受ける事により起こる肌トラブルやリスクが0ではありませんし、場合によっては肌トラブルの原因となる事も考えられます。

その可能性は低いのですが、0ではないという事を知り脱毛を受ける事で起こりえる可能性のある肌トラブルについてもしっかりと把握しておく必要があります。

家庭でもキレイに脱毛できる!

現代の家庭用脱毛器でもキレイに脱毛が出来るとは言え、当たり前かも知れませんが、やっぱり脱毛サロンで脱毛をしてもらう方がキレイに脱毛がしあがりますよね。
もちろん、十年ぐらい前の家庭用脱毛器と比較すれば、現代の家庭用脱毛器は「驚くレベルの脱毛具合!」だとは思うのですよ。それこそ二十年ぐらい前の家庭用脱毛器は、「脱毛器」とは言っているものの、根元からキレイに抜けることはあまりなくて、根元付近でブツブツ切れていくといった印象ですから。

それが現代の家庭用脱毛器は、結構根元からむだ毛が抜かれていきますので、驚くべき進化だとは思うのです。しかし、確実に脱毛をしてくれる脱毛サロンと比べてしまいますと、やっぱり「脱毛サロン並み」とまでは、家庭用脱毛器については評価し辛いです。
とは言え私は、ものすごく高額な、それこそエスティックサロン並みの脱毛器は使ったことがありませんので、なんとも評価しづらいところはあるのですが、一万円前後の家庭用脱毛器でしたら、やはりまだサロンの方が上だとは思います。

女性はいつでもキレイでいたいもの!

子供が生まれてからというものの、ムダ毛の処理が本当におろそかになっています。
「これでも自分は女なのだろうか…」と自問自答してしまうほどです。
子供が生まれる前は入浴したついでにお風呂で処理してしまうことが多かったのですが、今は子供とお風呂に入るのでカミソリをお風呂場に持ち込む訳にもいきません。

そんなある日、そういえば友人たちのほとんどが脱毛を経験したことがあることを思い出しました。私は女子力がないと申しますか(もはや女子でもありませんが…)、
「脱毛=一部の人がする特別なこと」という印象を持ち続けていました。
ですが色々と現在の脱毛について調べてみると、思いの外脱毛が普通なことであることが分かってきました。何より驚いたのはその値段です。

脱毛サロンの中でも特に人気があるようなサロンでは、数百円程度の支払いだけで無期限で脱毛の施術を受けることが出来るのですね。
私が内心恐れている「強引な勧誘」というものも無さそうですし(中には未だに勧誘する店舗もあるようですが…)、ひざ下脱毛ならとても気軽に通えそうです。

そろそろ子供も二歳になりますし、一度脱毛サロンに足を運んでみようかな…と考えています。

リピーターを増やすには

脱毛サロンは、もう少し宣伝がうまいといいな、と思うんです。

昔、「明星」とか「平凡」が売れていた頃には、芸能人を使って、あそこのお店はおいしいよ!とか、あそこの洋服が行きつけだとか、美容院でいつも行くところ、とか、気になる情報満載でした。
だから、切り抜きを持って行くだけで、そんな風な髪型にアレンジしてもらったり、そういうのが楽しくてたまらないから、服も買うし、美容院にも行く!という感じでした。
脱毛はもう少しうまく、みんなが興味を持つように宣伝しないと、昔に負けていよと思います。

ああいうようになりたい…という人の心をガシッとつかまないといけませんよ。
ニーズはとてもあるんですから…
あと、安さを売りにはしない方がいいと思います。
ああいうところは、きれいになって絶対モテる!というようなことを売りにする方が若い人をひきつけて魅力があっていいんですよ。

価格を売りにし出したら、そこから人が離れていく、という面もあるから、リピーターをたくさん増やして口コミでどんどん裾野を広げる方が、ずっといいと思います。
あと、BGMが流れてて、リラックスができるとか、です。
そこに行ったらとても落ち着く…というのがあって、緊張しないですむのなら、リピーターは多いんじゃないですか?